今年で大学3年生になる私が、今まで経験した受験の回数は3回です。最初は小学校6年生の時に受けた中学受験、3年後に高校受験、また3年後に大学受験と続きました。最初の中学受験、正直に言うと実感がわかず周りの大人たちにやらされている感がなかったといえば?になります。

ただ、その中学受験でもその後2回受けることになる受験とはひとつまったく異なる不安がありました。それは、面接です。中学受験の中で唯一ちゃんと記憶に残っている面接は、過去を振り返ってみてもこのときだけでした。塾の先生と何回も練習したことを覚えています。

対して高校受験や大学受験で何が不安だったかというと、「落ちたら私立に行かなければならず、学費がかかる」ということでした。ただしそのような不安が受験勉強に対するやる気を引き起こし、無事第一志望に合格したのは、言うまでもありません。

受験の不安は、受験を成功するためにはなくてはならないものだと思います。物事には、なんとなくやって成功するものと、努力しなければ成功しないものがあり、受験は後者です。これは実際に受験で高い倍率をかいくぐって合格してきた人たちにしか言えないことです。

彼らは、自分の将来のため、学生生活を有意義に過ごすため、良い職業に就くため、など様々な理由でその学校を志望し、必死になって勉強します。しかし、自分が望んでいるから努力が出来る、なんてそんな人間は単純ではありません。誰しも「落ちたらどうしよう」そのようなことを考えたことがあるはずです。そして落ちたときのデメリットを考え、それが勉強する努力にむずびつくのです。

引き寄せの法則に失敗しそうで不安になったら、ザ・シークレットサブリミナルCDを聞いてみると気分転換になりますよ。

Comments are closed.