アベノミクスの好調な株式相場をから株式投資を始めて株式投資でかなりいい成績をおさめることができ、金融資産を増加できた人たちは、株式投資をしている人の中で自分なりの株式の売買方法を見つけた方も多いことだと思います。そのような人たちはこれからもそのうまくいった投資スタイルでを続ければひょっとしたら億万長者になれるかもしれないと思ってしまっている人少なからずいるのではないでしょうか。

しかし、株式投資経験が長い人たちから言わせれば、株式投資は上昇相場だけではなく、それとは反対に下落相場もあるので常に同じやり方では相場についていけず、相場の流れによって投資方針を変化させなければ到底生き残れないことをよく知っているのでこのような若い投資家の危うさが気になります。

自分のやり方が相場で通じなくなったときには、今までのやり方を変えて相場についていくというやり方をつかむまで頑張って相場にしがみついてというやり方をとるか、それとは反対に自分のやり方が相場と合わないときはきっぱり相場から退却して資金を温存させ、自分のやり方で相場を乗り越えるときまで待つという方法もあります。

私は自分を鍛えて厳しい相場についていかなければならない専業投資家ではなく、会社員をやりながらの気楽な兼業個人投資家なので、おそらく後者の方法を選ぶと思います。
ただ、実施にそのような場面にならなければ自分が本当に一度株式相場からきれいさっぱり身が引けるかはかなり難しいのではないかと思ってはいます。

Comments are closed.