絶賛放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」にハマっています。お話自体も面白いんですが、なんといっても堺雅人、草刈正雄、大泉洋といった豪華俳優陣の演技力がすばらしいですね。

見ていて気付いたのですが、俳優陣の表情が素晴らしいですね。特に昌幸役の草刈正雄は表情豊かです。よくもまあ表情だけであそこまで演技できるのかと感心しています。

自分はよく表情に乏しいと他人に言われるのですが、表情を鍛えるのって本当に難しいんですよね。フェイシャルフィットネスパオ通販|たるみに勝つ!のサイトにある「フェイシャルフィットネスパオ」という器具を見つけたんで、ちょっと試したいです。口にくわえるだけで表情を鍛えることができるらしいです。これを使って、草刈正雄みたいに表情豊かになりたいですね。

ところで、真田丸をまだ見たことない人にこのドラマを簡単に説明しますね。真田丸は、簡単に言うと、北条、上杉、織田、豊臣、徳川といった名だたる大名たちを前にしても、一歩も引かず、知恵を絞って、真田家の生き残りを図るという物語です。

特に昌幸の老獪な話術は本当すごいと思います。毎週のように織田、上杉、北条と味方を鞍替えする姿は見ていて、痛快です。みんな揃って、昌幸に騙されるんですから。

少しネタバレになりますがこの後は、いよいよあの徳川との戦があります。どうやってあの強大な徳川軍に戦に勝ったのか、今からワクワクします。昌幸のことだから、きっと考えられない戦法を使うのでしょうね。

ただみんな思っているのは昌幸ばかり目立って、主人公の信繁が全然目立っていないと。
安心してください。おそらくは物語のクライマックスになりますが、大阪の役で獅子奮迅の活躍が見れますから。あの少々頼りない信繁が、いかにして大阪の役において徳川家康を脅かすまでの存在になったのか、このあたりの成長もドラマの楽しみの一つですね。

Comments are closed.