この間ベランダに見たことのない鳥が手すりに止まっていました。
何だろあの鳥?
って考えてたらベランダにおいてあるシクラメンに羽ばたきながらホバリングしだしたんです。

うおっ!凄いな
って思ってスマホで写真を撮ろうとしたときに、やっと私に気がついたのか距離を取られました。

多分ですが、今まで私の住むベランダにには何度も訪れていたのだと思うのです。
それで人の気配もなかったので、ここのベランダは大丈夫なんだと考えたに違いありません。
それで安心しきってシクラメンにホバリングして蜜?があるのか分かりませんが、シクラメンにチョッカイを出そうとしていたんだと思うのです。

そこに私、人間が居たものだから慌てて距離を取ったんだろうけど、鳥を見てると何か頭の上に?マークでもあるような感じでした。
何で居るの?みたいな感じに見えビックリした感じは、私を大いに笑わさせてくれました。
鳥は、そのまま遠くに羽ばたいて行きましたが、私は良いものを見れたと思うんです。
多分カワセミとか何かだと思うのですが、よく河川に足を運ぶと定年退職して年金暮らしだろう人々が、
高価なカメラを背負い込んで撮っている姿を見かけますが、
あの必死になって撮っている気持ちが今の私には少し理解することができます。

珍しいからこそ撮りたい、警戒心強い鳥だからこそ綺麗な姿を撮りたい、そんな気持ちがあるのだろうと思います。
私もまたベランダに現れるようにエサでも置いてみようかなって思います。

Comments are closed.