最近、人生において初体験したものといえば、デリケートゾーンの脱毛です。
脇や足の脱毛はやったことがあるのですが、
VIOライン、すなわちデリケートゾーンのお手入れとなると
人生初めてなのでかなり緊張してしまいました。

実際にお手入れを受けてみるまでは、
本当に痛さに耐えられるのかが心配で仕方なかったのですが、
実際に施術を受けてみると肌にただ機械で光を照らしてもらうだけで脱毛を行うことが出来たり、
脱毛の照射の前後には丁寧に肌をよく冷やしてくれたり、
スキンケアとしてきっちり保湿対策を万全にこなしてくれたりと、
行き届いたお手入れに感動してしまいました。

また、個人的に嬉しかったことといえば、
脱毛の手入れをするにあたっては全裸にならなくても、
きちんとガウンや紙製のショーツを用意してもらえたことや、
光から目をガードするためのサングラスを用意してもらえたことです。

電車などで、いつも視線のやり場にこまってしまう私でしたが、
サングラスのおかげでエステティシャンと目が合ったりすることもなく、
非常にリラックスして過ごせたのが助かりました。

紙のショーツも履いたままで脱がずにお手入れしてもらうことが出来て、
デリケートゾーンの照射の際は少しだけショーツをずらしながらお手入れをしてくれたり、
細やかな気配りやエステティシャンさんの配慮も有りがたかったです。

エステティシャンさんも淡々とお手入れしてくれて
特にしつこい勧誘とも無縁でしたし、
脱毛は本当に痛くないのだと改めて思い知り、安心しました。

Comments are closed.