子を持つ親は、必ず育児疲れを感じます。
子供といれて幸せ楽しいと思う反面、本当にいらっとすることもあります。
それに対して偏見な目で見る人もいますよね。いつもいつも子供がかわいいと思えることはないです。
言い聞かせても反抗したり、泣きながら着替えたり、その度にいらっとします。それでも我が子ですからね。

私は一人しか子供がいませんし、3歳になったら保育所に入れ働き始めたので、ずっと一緒にいた時に比べれば育児に対して疲れることは少なくなりました。変わったのは、時間に追われることでしょうか。朝は自分と子供の身支度、朝食をすませ保育所へ送り職場へと向かいます。帰りは夕方頃から夕食の献立を考えたりしてスーパーへ買い出しします。帰宅し夕食、お風呂の準備と慌ただしいです。遅番の時は、母に子供のお迎え、夕食を頼んでます。一人じゃとてもじゃないけどこなせません。夫は単身赴任中で家にはいませんからね。

時間に追われるメリットは、子供との時間を大切にしようという気持ちがでてきて、お風呂や夕食時に保育所での出来事などたくさん話すようにしてます。それでも田舎生活なので、子供の面倒を私の母にまかせっきりだと罵る人もいますよ。その人が何かをしてくれるわけではないので、聞き流すのが一番です。母親は働いてはいけないのか?と言いたいですね。

私は今の生活が一番充実してるように思います。今は子供優先の生活ですが、いづれ手が離れ嫌でも自分の時間がもてますから。
その時に何もすることがない、出来ないでは嫌ですからね。

話はそれましたが、育児や仕事に疲れたら、友人に愚痴を思いっきり言ったりしてストレス発散させるのが一番ですね。

Comments are closed.