Archive for 1月, 2016

今度のお休みにフリマに初出店する予定です。
自宅から歩いて15分ほどの公園で行われるフリーマーケットなのですが、手持ちのみで出店料は2000円です。

一般的なフリマにくらべるとだいぶ安い出店料のようなのですが、
果たしてもとはとれるのか?

持っていこうと思っているのは、コスプレパーティーで来たチャイナドレス(ネットで購入1回着用)と
着なくなった婦人服、使わなくなった鞄、ガラスのペアグラス、読まなくなった文庫本などです。

ネットでフリマ出店のコツなどを調べてみると、
やはりいかに商品を良く見せるかや事前の準備(値札の作成やお渡し用の紙袋・つり銭の用意など)が肝心のようです。

はじめてなので、売れても売れなくても2000円で遠足気分が味わえればいいなーとも思うのですが、
やっぱり1つも売れなかったら悲しいですよね。
今からできる準備はしっかりとやって、当日も早めに会場に行ってお店の準備を始めたいと思います。
今からなんだかドキドキします!

当日は自分も出店するのでそちらの方に気がいってしまうのはもちろんなのですが、
来年には子供が生まれる予定なので
ベビーグッズやマタニティグッズが安く手に入ったらいいなーという期待もあります。
ネット情報によるとファミリー向けの売り物が多い会場のようなので期待大です。

とはいえ屋外でのフリマなので、当然雨天中止です。
出店の準備をするのはもちろんですが、ひとまず当日雨が降らないようにお願いしている次第です。

買い出しに行ってきました。
ひと月くらい買い物に行かなくても良いほどにたくさんの食料品を買い込んできます。
さすがに生モノばかりでひと月を乗り越えることはできないので、
保存のきく食品ばかりを選んで買うようにします。

そんなわけで、買ってきた大量の食品をしまっておく場所が必要なのですが、
運のよいことに我が家には食品庫があるので、置く場所には苦労しません。

在庫確認をせずに急に買い物へ行くことになったので、
とりあえずこれはもう少なくなっていたかもと思われるものも片っ端から買っておきました。
買い物カートに乗せた2つのかごだけでは食品が入りきらないほどです。

まだまだ買いたいものはあったけれども、ここらへんで清算を済ませることにします。

帰宅してから買ってきたものの片づけを開始します。
取り出しやすいように、同じ食品をまとめて見やすくしたりしながら、収納棚に並べていきます。

片づけてみると、ないと思っていたものが意外にもまだたくさん在庫があったり、
まだあると思っていたものが、もう底をつきていたりしています。
買い物前にチェックしていかなかったことが大失敗に終わってしまったようです。

これでひと月何とか食べていくことができるかちょっぴり不安を感じてしまうけれど、仕方がないですね。
買い物に行く前にチェックしなかったことを反省しなければいけません。

来月は買わなければいけないものをきちんと調べてメモをして買い物に臨むことにします。

長年使っていた我が家のTVがとうとう壊れてしまいました。
前から突然電源が切れたり、逆に突然点いたり、画面が徐々に暗くなったり…などなど不調でした。

それでも愛着もあるし、だましだまし使っていたのですが、ある日全く映らなくなってしまいました。

無理だろうなと思いつつ、メーカーに修理を依頼しようと電話したのですが、
出張料やら何やらで新しいTVを買った方がいいですよ的な事を言われてしまいました。
今は、どの家電が壊れてもそんな感じですよね。
気に入って買う家電だから、長年使っていきたいんですけどね。

そんな訳で、新しいTVを買おうと言う話を家族でしていました。
大型家電店のチラシを見たり、ネットで口コミを見たりして、大体商品も決まってきました。

そんな時に受験生の娘が「テレビがあるとどうしても観ちゃうから、
受験が終わるまで買わないで欲しい。」と言いだしました。
息子やダンナは大ブーイング。
好きなスポーツやアニメが観られなくなるのがイヤみたい。
私も毎週観ているドラマがみられなくなるのはキツいなぁ、と思ったのですが、
娘の真剣な顔を見ると娘の味方になってやらないと…と思いました。

ダンナや息子には、どうしても気になる番組はスマホのTVで観れば良いんじゃない?と提案しました。
私が観ているドラマも、パソコンでお金を払えば観られるし。
本当は、TVがあってもしっかりと勉強をする強い意志を娘には持って欲しいけれど、
試しにTVなし生活をスタートさせることにしました。

どうなるかはわからないけれど、しばらく続けてみます。

普通の生活がしたくてなりません。ここでいう普通の生活とは、夜眠り、朝起きて3食しっかりと食事をする、ただそれだけの生活です。誰もがみんな普通にやっている生活を送ることが私にはできません。

正確に言えば、私は夜ぐっすりと眠り、朝そこそこに起きだします。ちゃんと普通の生活を送っているけれど、主人がそうではありません。夜徹夜で仕事をして朝になると眠り、夕方起きてくるという生活です。広い家ならともかく、部屋数もないアパート生活で、日中眠りについている主人に気を遣って私は家事をすることもできません。

天気の良い日には思いっきりカーテンを開けて洗濯物を干したり布団を干したりしたいけれど、部屋の中は主人が眠りやすいようにすべてカーテンを引き、真っ暗な状態です。最近では昼も夜もカーテンを引いたままで、外の天気を知ることもできないほどです。

日中仕事をする生活を送ってくれれば、遠慮することなく家事もできるし、おいしい食事も作ることができます。しかし、今のままでは音を立てないことを意識しているので、私のお昼ご飯を作るのにも音を立てないようにものすごく神経を使い、疲れるしストレスはたまるしいいことなしです。

静かな夜に仕事をすれば能率も良いのかもしれないけれど、同じ部屋にいながらすれ違いの生活は異常としか思えません。休みの日でもそんな感じなので、一緒に遊びに行くこともできないのは寂しすぎます。何とかして普通の生活を送れるように努力してほしいと思うけれど、なかなか難しいようです。

旅行に行けばパァーッとお金を使ってしまう傾向があるのですが、けれども日常ではケチケチ節約してしまいたくなるのですよね。
まあ、その反動で、旅行なんかに行きますと、財布の紐がはじけてしまって、散在気味になるのかも知れませんが。

それで最近のことなのですが、ものすっごく後悔していることがあるのです。
今、思い出しても悔しい気持ちでいっぱいになります。
それは近所のスーパーでのことなのです。

デニッシュ風のパンに「半額」のシールが貼られていたのです。
そのデニッシュ風のパンは普段でしたら購入しない部類のパンなのですが、
半額ということでしたら買ってしまいたくなるじゃないですか。
ですから思わず手を伸ばしましたよ。

けれども半額以前の「もともとの値段」がそこには書かれていなかったのです。
値段シールも貼られていなければ、あるのはバーコードのみで、周りを見渡しても「もともとの値段」を示すカードもなかったのですよね。

まあ、その時点で気がつけば良かったのですが…。
結果をさっさと言いますと、だまされましたよ、そのスーパーに。
まあ、騙したわけではないのですが、おそらく?ですが、
そのパンいつもの倍以上の値段が設定されていたんです。
レシートで確認したところ、「え?このパンでこの値段ないでしょ」という価格で半額にすれば適正価格ぐらいでしたから…。

それにも関わらず賞味期限はその日中のものでしたね。
もうね。売るために騙しにきましたよ…。
まあ別に違法なやり方でもないでしょうから、こっちが泣き寝入りなのですが。