Archive for 10月, 2013

何回かこのブログにかいてきたのが占いについてです。
友達に占い信者がいて、その人は結婚をしたいのに占いに縛られてなかなかできないのです。
出会いを求めて色々と行動すれば良いのに、どうしたら良いが占いに頼るのです。

一番びっくりしたのは、占い師が今住んでいる所からでることはないでしょうと言ったので、そうとう落ち込んでいたことです。
占いに行く人って、良いことを言ってもらいたいし、背中を押してもらいたいのだと思います。
そう思って期待してると、嫌なことも言われるのです。そして傷つきやすい友達はへこむのです。

そんなことがあった次の日に、ネットで結婚を遠ざける行動という特集があり、そこに占いを信じ込むということが書いてありました。
まさにこれだと思いましたね。でもいくら親友だからといって良い大人ですからね、占いなんてやめたほうが良いとは言えません。
何、上から目線なんだと思われるし、変えることって不可能です。

占いに頼る人は、ずっとそういう感覚をもっていて、占いなんてと思ってる人が苦手なんだと思います。
という私も20代前半によく当たるといわれる占い師にみてもらったことがあります。
その時に、適当な感じが伝わり、こういうことに悩んでますと言ったら、得意げに話をしてました。それ以来占いはやめました。
死後の世界が分かるのは亡くなった人のみで占い師ではありません。だから他人の人生の何がわかるんだと私は思います。
占い師に相談するなら、身近な大切な人に相談したほうがはるかに良いです。

占いを信じてる人に対して失礼な文章ですがお許しを!!

最近かなり運動不足です。一年前はママさんバレーにヨガにとハマってたのですが、仕事に疲れ辞めてしまいました。
ママさんバレーに関しては、面倒くさい試合などにでるのが嫌なので辞めました。私はただ運動不足解消のためにワイワイやるのが好きでしたが、いつの間にか監督がついて、まるで学生時代の部活のようになったのです。そんなの30過ぎてやってられないと思ったのです。
そんなに強くないのに丸一日、貴重な日曜日を試合でつぶしたくないのです。

だからママさんバレーには未練がないのですが、体を動かさないといけないなとは思ってます。
夏の間は運動するのが嫌だったので、今の気持ちがよい季節を利用してヨガを再開しようと試みてます。
島暮らしなので、海辺にヨガマットをしいてするヨガはお気に入りです。すごく精神的にも落ち着くし何もかもがリセットされます。
娘は浜辺で遊んで、私はヨガを楽しむのです。時々娘もヨガのポーズをまねたりします。
穏やかな瀬戸内海を眺めながら、秋の風邪が心地よく最高ですよ。

今しか出来ない贅沢ヨガ楽しみです。夏は暑いし冬は寒くてできないですからね。
そして体のなかのインナーマッスルを鍛えて、めざせ美ボディです。
ただ細いのは魅力がないです。ある程度筋肉も必要です。ヨガのインストラクターをしてる人に共通してる、なんともいえない美しい体が羨ましいです。しなやかですよね。カチカチの筋肉ではなくあくまでも柔らかく女性らしさも損なわないという体が良いですね。

年を重ねるほど、学生時代の友人とは違う人生を歩んでいることに気がつきます。
早くに結婚する人もいれば、まだ独身を貫いてる人もいる、再婚をしている人もいる、まさに十人十色です。

学生時代は、特に同じ学校だと、向いている方向が一緒だったりして、殆どの人が似たような人生だったと思います。
当時は、みんな同じ人生だとも思っていたくらい無知でしたね。

しょうもない事で、当たり前の事ですが、なぜこんなに人生が変わって来るのだろうと疑問がでてきます。
そして今30代ですが、これから20年後は、もっと人との人生が違ってくるのかなと思います。
おもしろいですよね。

子供も今は3歳で周りの子と同じような生活を送っていますが、これから序所にかわってくるんだろうなと思います。
お願いだからぐれたり学校に迷惑をかけたりするのだけは、辞めてほしいですがね。
今の中学校は荒れてるということで、今から心配です。

そう、同じ子供でも親孝行する子供、迷惑ばかりかける子供などいますよね。
みのもんたの息子だって、いい歳してかなり迷惑をかけてますよね。親はいつまでも子供が心配なのです。
子供を育てるって大変です。今が一番幸せなのかなと思います。

ほどほどの人生が良いなと改めて思うのでした。
どんな人でも人生山あり谷ありですね。

うまくいかない時に疑問を感じますが、人生っていつまでも答えがでませんよね。
だから良いのかなと日々実感します。自分がおばあちゃんになった時に少しは答えがみえるのでしょうか。

オタクは、自分がオタクだと気がついていません。
職場のお客さんは、誰がどう見てもオタクなのです。そして好みもフィギャーなどを愛しオタクそのものですが、彼は人のことをオタというのです。オタクの略した言い方ですね。あいつはオタだとはなすのが滑稽でたまりません。
そういう人に何をいっても無駄な話ですがね。いつもおかしくて仕方がないです。

それはさておき、気がつかない人もいるのですが、万が一、自分がオタクファッションでどうにかしたいという人もおすすめサイトがあります。
オタクファッションから抜け出したいあなたへ
これをみて、まずは自分でコーデするのではなく、コーデされた一式を試すことをお勧めします。
すると次第に自分はこれが似合うなどとわかってくるようです。

秋や冬はお洒落さんにとって最高の季節ですよね。お店はすっかり秋、冬で、かわいい服に目が行きます。
私は新しいブーツが欲しいですね。お気に入りのブーツがあったのですが、4年くらいはき続け、もうぼろぼろです。
お洒落は足元からといいますから、そろそろやばいなと思い、封印しました。

私も30代コーデのまるまる一式を購入したいです。今ある洋服は殆ど買い物好きだった20代のときのものですから。
自分のファッションも見直さなければなりません。オタクファッションのことをいう筋合いはないかもしれませんね。

人の意見をきくって大切かもしれません。自分だと似合う似合わないを勝手に決めてることもあるでしょう。

ある雑誌で、お金を貯めてる人は財布にもわけがあると特集していました。
それは、いつも綺麗に整理されており、レシートやカードがかさばってないのです。
それをみて私も財布に入ってるものを全てだし、整理しました。一応いれておこうというカードが多かったですね。
おもいきって、そのカード達を財布からぬきました。

すると、とてもスッキリしてお金もだしやすく気分もよくなりました。
逆にお金が貯められない人の財布は、パンパンになっているのです。なんでも財布で保管してわけがわからなくなってるのです。

芸能人が使ってる財布が紹介されてました。ノーブランドを好む人、エルメスという高価な財布を好む人それぞれでしたね。
金融関係の人はなぜが黒の財布を持つ人が多いそうです。たしかに飽きませんよね。

それらをみてると、私も財布をかえたくなりました。貯まる財布の特集なのに購入によって出費がかさむのでは意味がないですね。
なので今は、ネットで色んな財布をみて楽しんでます。ある程度の金額の物は、少しの間考えるほうが良いですね。
今私が使ってる財布は、独身時代の夫からのプレゼントです。なので5年は使ってます。財布って気がついたらかなり使い込んでるってことないですか?私は平気で10年使う事もあります。5年も使ってますが、まだまだ使えそうです。
思い出のものでもあるし、しばらくは愛用しなければなりませんね。

家に帰ったら財布をバックにいれたままにせず、箱にねかせるという人もいます。そこまでする意味はあるのかなと不思議でしたね。
きっと私だったら、次の日財布を忘れるはめになるでしょう。