Archive for 12月, 2012

私の住む田舎とは、島であります。
自然しかありません。

その島が、この秋、第一回、島婚パーティーを開催しました。
島中、大騒ぎになり、はじまる前から、誰と誰が参加するらしいよと、お得意の噂が広まるのでした。
人口が少ない島ではありますが、参加者はどんどん募り、男性の場合に限っては、抽選も行われたらしいです。

内容は、みんなで長縄跳びや玉入れをするという。。。それは必須なのか疑問です。
もちろん食事をしたり、島ならではのクルージングもありますが。

そして告白タイムはなく、男女が紙に第二希望まで名前を書いて、カップルになった人を読み上げるシステム。
やはりかわいい子が人気だったそうです。性格だのなんだの言うけど、外見が一番なのが、男の本音ではないでしょうか。
女性にもいえるかもしれませんね。私は、結婚相手にするなら、チビでハゲでデブが安泰だと思うんです。

結局10組以上のカップルが成立し、また来春に第二回が開かれる様子。
これがきっかけで、島が活性化してくれれば良いなぁと思います。

今年も残すところ、わずか2日です。
早いですね。

今年の汚れは今年のうちにってCMで見ます。
その通りでございます。一度、掃除を始めたら止まらなくなります。普段から、ちょこちょこ奇麗にしていれば、大変な思いすることないと、わかっているのですけどね。

とりあえず、子供のおもちゃの整理から始めます。これは一瞬にして崩されるのです。
今となっては、諦めることができます。
窓や網戸、水回りと徹底してお掃除をします。

気合いを入れてお掃除をすると、足腰痛くなります。
普段使わない筋肉が鍛えられるそうです。

数日かけて、奇麗になった家を見ると、良い年を迎えられそうという気持ちになり、前向きにもなります。
これを維持していければ良いのですが。だんだんとその気持ちも薄らいでしまうんですよね。

そのための年末行事であります。心も洗われた気分にもなり、今年はこんな年だったなと振り返るのです。
2013年はどんな年になるのかな。みんな元気で穏やかに、暮らせればいいなと願うばかりです。

カレーが、無性に食べたくなる事ってありませんか?
私は、いつも食べたくないけど、たまに食べたくなるんですよね。

子供もカレーが好きです。それが、少々辛くても食べてしまうんです。大人用に作ったカレーを食べたがります。
でも一口だけで終わりですが。あんたは、子供だから甘口だよ!!

カレーの辛さにも好みがあり、家族で作るのにも一苦労します。
夫は激辛、私は辛すぎない辛口、娘は甘口。
乾燥唐辛子を入れて調整します。

時々、本格的インドカレーも作る事があります。
専ら、チキンカレーで、 チャパティー付きです。ナンよりもかしこまっていない、一般家庭でよく食べるパンです。
いつもは、和食ばかりの我が家ですが、たまにパンチのきいた料理を食べたりします。

インドカレーは、スパイスから作るので、安心して食べられるらしいです。
私は、大人になって、くせのあるスパイスや香草が、おいしいと感じられるようになりました。

寒い日にパンチのきいた、スパイスたっぷりインドカレーは、いかがでしょうか?

お盆、お正月と、親戚が集まり宴会がはじまります。
私は、それがあまり好きではないですね〜。
父親にきょうだいが多いため、必然と、いとこが多いのです。

いとこも、殆どが家庭を持ってます。いとこの8割が女性です。
なので、だんな様を連れて来るパターンです。
それが、けっこう私にとってきついですね。何をしゃべって良いのやら。気疲れします。

むこうも、そんな感じでしょうね。昔みたいに、いとこと、どんちゃん騒ぎなんてできないです。
いとことすら、少し距離がある気がします。
田舎ならではの、世間体ですね。会っておかないと何言われるかわからない。

私は、お互いの実家で過ごせば良いのにな〜と思うのです。
もう祖父母も亡くなっていることですし。

いつもお盆、お正月だけ限定ではありますが、この田舎から脱出したいと思ってしまいます。
付き合いも大変ですね。それが田舎に住む宿命です。
自分が年老いた時、それがありがたいと、思うようになるのでしょうか。

年末の準備の一つでもあります、お餅。
我が家では、機械でお餅をつきます。
機械だとお餅が流れてしまうとか言われますが、そうでもないです。

娘が1歳の誕生日の時は、母に一升餅を準備してもらいました。懐かしいな〜。つい最近の出来事のような気がします。

今回は、お正月に向けてのお餅ですね。
手伝っているやら、邪魔をしているのやら、2歳の助っ人もいます。

大きな鏡餅、雑煮用のお餅。私が個人的に大好きな、あんこもち。本当、素朴で、手作り感溢れる味わいです。
お正月が過ぎても、朝ご飯代わりに、あんこもちを食べます。

近所のおじちゃん、おばちゃんは、まだ臼と杵を使って餅つきをします。
毎年この時期になると、早朝から、ドン、ドン、と餅をついてる音がするんです。
それで目を覚ましてしまうほど。もう少し、遅くに餅ついて〜〜と言いたいところですが、我慢、我慢。

田舎にいると、昔ならではの行事が、いまだに行われていて、大袈裟ですが、タイムスリップしたような感覚に陥ります。

今年の夏に娘の、トイレトレーニングが完了しパンツ生活です。
よく先輩ママが、その子のオムツが外れる時期があると言われます。

はい、その通りでした。
本当に、オムツが外れるのかと悩んだ事もありました。
子供にしてみれば、理不尽な話ではあります。産まれてからは、オムツで排泄して、ある時いきなりトイレと言われだします。

2歳になったばかりの時に始めたのですが、泣いたりトイレを嫌がったりしてたので一時中断しました。
その半年後、夏は洗濯物もよく乾くし、寒くないしでまた始めたら、あっけなくトイレにいくようになりました。

長い期間、親も子も大変な思いをしなくていいのですね。時期があるんですね。

大のほうは、2週間ほどかかりました。一回してしまえば、不思議とトイレに行きます。
そして、公共のトイレは、また時間がかかり、いつの間にか、行けるようになった感じです。

あんなにオムツを頻繁に買っていた日々が嘘のように思えます。
トイレで、”う〜〜ん”と、踏ん張っている娘がかわいいです。

こうやって、少しずつ、親の手が、かからなくなるんですね。
うれしいやら、悲しいやら。

天気が良いと気分もあがり、必ず外に出ないと気が済みません。
最近は、寒いから長時間は、居れませんけど、外に出ると、パワーが出てきます。

もちろん、娘も連れて。子供は、寒かろうが外遊びが大好きですよね。

冬は、がら〜んとしている、海水浴場へ行く事もあります。勿論、泳ぎませんよ。
ちゃんと座る所もあり、松がそびえたってお散歩にもってこいの場所です。

卵焼きやソーセージ、おむすびをお弁当箱に詰め、そこの海水浴場で食べます。
何十年、何百年って生きてる松や、波の音、キラキラしてる海。。。
最高ですよ。お弁当を食べたら、娘は砂浜で遊び、シャボン玉したり。なんて平和なんでしょうと、私は、ぼーっとしてます。

近くに温泉館があり、そこでソフトクリームを食べて帰るのが、お決まりのコースです。
温泉には入りません。知り合いのおばちゃんがたくさんいますから、リラックスして温泉に入れません。

どこか特別な所に出かけたわけでもないのに、充実感たっぷりの日になります。

今日はクリスマスイブです。

昔から、クリスマスイブが、なぜか大好きでした。
おいしいケーキや料理が並んで、プレゼントまでもらえて。
子供の頃の良い思い出っていつまでも覚えているものですね。

なので、私も娘に楽しい思い出を、残してもらわないとなぁと思います。
子供が小さくて、覚えていなくても、どこかへ連れて行ったり、経験させることって大事みたいです。
2、3歳の時の出来事って、忘れてしまうんだろうけど。

今のうちに、家族でおもいっきり楽しんでおきたいです。
家族らしい事がしたいんです。

クリスマスの定番ソングを聞くたびに、もうそんな時期かぁ〜とワクワクしてしまいます。
テレビ番組もクリスマス一色ですね。

街のイルミネーションも奇麗で、うっとり、見とれてしまいそうになります。
あれを見てると、心が穏やかになりますね。今年はさらに、リアクションが大げさになった娘もおり、もっと楽しくなりました。

さぁ、私はクリスマスパーティーの準備にとりかかります。
みなさま、楽しいクリスマスイブをお過ごしください!!

今月は、友達の出産予定日です。
ずーっと、逆子ちゃんで、本人も帝王切開を覚悟していたらしいです。
しかし、かかりつけの病院は、なんとしてでも自然分娩を勧めるということで、赤ちゃんは、おしりから産まれるとのこと。
個人病院だと、色々とこだわりというか、他との違いを売りにしないといけませんからね。
有名な病院ということで、納得しました。

今まで生きてきた中で、おしりから産むということを聞いた事がありません。
でも稀にあることなのでしょうね。

友達のことながら、本人でもないのに、私、心配してます。
ただでさえ、大変な出産なのに、余計な心配したくないですよね。

無事に産まれてくる事を願うばかりです。

出産を穏やかにできる人って、我慢強いんですかね?
私はというと、出産前は、痛みに強いほうだし大丈夫って思ってたんですが、叫びました。
こんな痛みがあるんだって思ったほど。何も知らずに出産したから産めたのかなと思います。
まさに、痛みの極みです!!

まだまだ私にとって、出産は、恐怖であります。

前回の記事に、日本のスーパーのサービスレベルが高いと書かせて頂きました。

海外旅行などで、地元のスーパーに行く事があるかもしれません。
その時に、日本ってすごいって思いませんか?むしろ、頑張りすぎだよと思うくらい。

あちらのレジの方は、みんな椅子に座って、やる気はないですよね。
研修生でもないのに、ちんたら、ちんたらしてます。
あまりにも感じが悪すぎるので、腹が立つ前に、笑えます。

お客はというと、会計を済ませる前に、ジュースやお菓子を食べちゃってる人がいます。大人がですよ。
全く信じられないよと思っていたら、なんと身内がそれをやってるじゃありませんか。
はい、主人です。こっちはこうなんだから、いいじゃないと。これは、譲れませんでした。

子供でも言い聞かせれば、理解します。我が子は、2歳です。会計前に食べたりしません。
30歳すぎた父親がこんなんだと、私は、時々疲れます。
郷に入っては郷に従えといいますが、従わなくていいこともあります。