Archive for 6月, 2012

タダコイっていうサイトがあるみたいです。出会い系サイトらしいんですけど、タダ(無料)で出会えるからタダコイなのかなって思います。出会い系サイトも無料のものから有料のものまでいろいろありますね。無料のサイトでもしっかり運営しているところはいいと思います。

一時期何故無料で運営できるんだろうかってちょっと不思議でした。調べてみると、広告費で運営しているらしいですね。人が集まるところには広告を出したい企業ってたくさんいるんです。例えばYahooとかの運営も基本、広告収入で成り立っていますよね。今話題のフェイスブックとかもそうですし。フェイスブックといえば以前知り合いに登録するように言われて登録したんですけど、あれからまったく手をつけていません。ちょっと体調を崩しているので元気になってからやればいいかなあって思っています。

定額制の音楽ダウンロードサイトがあったんですけど、1週間前にみたら「メンテナンス中、しばらくお待ちください」となっていました。最近ちょっとだけ音楽に目覚めて落としたい曲等がいっぱいあったので、どうしようかと思います。他サイトに移行するかメンテナンスが終わるのを待つか…。

だってメンテナンスたってもう1週間もたってるんですよ?しかもいついつ終わるとかも書いてないし、もしかしたら復活を望めないかもしれないじゃないですか。まあ曲を落としたいっていっても今困っているわけではないですし、ちょっとまってみようかと思います。こうして待っている間にも「落としたい曲ストック」はたまっていく一方ですけど。早く復活するかもしくはドメイン削除なるか、はっきりして欲しいところですね。

子供

この間子供用にレインコートを買いに行ったんですけど、子供たちはあんまり興味なさそうでした。試着させるのにも一苦労でした。とにかく暴れる暴れる、どこかに行きたがる。私は女なので服を買いに行くのが好きで服を買うときってけっこうワクワクするんですけど、子供はたいくつみたいですね。

これがまた女の子だと違うみたいです。2歳の女の子がいる友人は服を選びたがるって言っていました。しまいには「アイス食べたい!!」と繰り返すしまつ。それでも最近は少し服に興味が出てきたのか朝「仮面ライダーフォーゼのTシャツ着て行く」と言ったりします。服で子供のテンションが上がるならどんどん子供の好きな服を買ってあげるべきだと思います。まあフォーゼのTシャツが着たいというのとオシャレ心とはちょっと違うのかな。

こないだ久しぶりに街に買い物にいったらレインシューズが流行っているのかな。けっこうたくさんの人がレインシューズで外出していてびっくりしました。靴屋さんにもブーツみたいなオシャレなデザインのレインシューズがたくさん売っていていいなあって思いました。

この間潮干狩りに行ったんですけど、そのためだけに長靴を買って、うちの下駄箱に余分なスペースはひとつもないので、親にあげました。そもそも潮干狩りにいくときに「絶対年1回しか使わない」って思って買うのが嫌だったんです。年1回しか使わないものを家においておくのが嫌で。だからまずは使い捨てれるように100均などで探しましたがありませんでした。意外と子供たちに買ったものは梅雨入りしてから大活躍しています。あのときレインシューズの存在を知っていれば!って思いました。あれなら日常で履く機会もあったことでしょう。

片付けに目覚めてからモノを捨てるそう快感にも目覚めました。あ、ここに不要なものを見つけた!このモノのぶんだけ家の中がスッキリするなあ、ということがわかったときはすごく嬉しいです。

服なんて容赦なくポンポン捨てていきます。ものを捨てるようになって買うときとても慎重になりました。これは本当に必要なのかとか収納スペースはあるのかとか。捨てるようになって良かったと思います。若いときに友達が「なるべくものをもたないようにする」って言ってて「え?服は?」などと不思議に思っていましたが、今はお気に入りの服を大切にするという感じに落ち着きました。機会があったらコーディネイトも習ってみたいなと思っています。そんな友達が服が整理できない、と言っていました。私が今整理できなくて困っているものは紙類とパソコン内なので「服なんてかんたんじゃん!」ととても不思議に思います。整理できないものというのは人それぞれ違うのでしょうね。

スマホを使い始めて以来、あれが使いにくい、ここが使いにくいと文句ばっかり言ってきました。だって本当に使いにくいんだもん!!まずタップしたくないところを押してしまって目的の箇所の辿りつくのに苦労するのが嫌です。メールもうちにくいし…とにかくいまのところ、スマホで文章を打つってことがストレスになります。あとは検索結果をみるときにやっぱり開きたくないサイトに指があたって開かざるを得ないのでサイドバーにたいなものがあったらいいのになって思います。

自分でカスタマイズ、とか好きな人はいいけど、すっごくめんどくさいし。ドコモショップでアプリや機能のカタログがおいてあってそこれみながら「これいれて欲しい」とか「こんな機能はないの?」と聞きながら一括でカスタマイズ完了すればいいのにって思います。

そんなふうに不満だらけの私ですが、あまりに使い方が分からないので「スマホお助けガイド」っていうのをドコモからもらってきたので、見ながら使い方を覚えていました。それでなんとなく「壁紙変更」をやってみようと思って、デフォルトの壁紙を見たら夜空があって、画面をタップすると花火がはじけるというものがありました。けっこうリアルでいい感じです。それに設定して息子に見せたら大喜び!!始めて「スマホってすごいな」って思いました。

探していないから分からないんですけど、スマートフォンなんかでお支度支援のアプリってないかなってふと今日思いました。もしかしてあるかもしれないのでちょっと探してみようと思います。というのも上の子の保育園の支度が毎日ぐずぐずしてイライラするからです。それで先生にも言われたんですけど。時計にシールをはるとかして子供にわかるようにしてあげて「ここまでで●●しようねー」って言ってあげたり「10数えるまでにゴックンしようね」と声をかけてあげるといいそうです。

10数えるまでに…っていうのはその日からやり始めたんですけどうちには時計がなくて、テレビの時刻表示を参考にいつもうごいていたので、まずは時計買わなきゃなーと思いながら今にいたります。それで時計の昨日で「○○時になったよ、もうそろそろお着替えしようね!!」っていう音声が入っている時計ってないかなあなんて思ったのです。でもそんな時計より、アプリのほうがありそうじゃない?ってちょっと思いました。なのでまずはアプリを探してみようと思います。なかったらいつか私が作ります。

モッピーっていうお小遣いサイト知っていますか?これって昔からありますよね!!私は4、5年くらい前にお小遣いサイトにハマったことがあるのですが、そのときは月3000円くらい稼いでいました。

最近のギャルたちのブログなんかを見ていたら、月に何十万も稼いでいてすごいなって思います。中でもモッピーを紹介しているギャルが多く、昔からあるし、きっとすごく信頼されているサイトなんだろうなあって感じがしました。長年運営できるってことは運営体制がしっかりしているのだということがいえますよね。ちなみに私がそのころやっていたお小遣いサイトは今ほとんどありませんね。運営をやめてしまったのかな。月3000円稼げていたサイトはいつの間にか、登録解除になっていました。でもまあしばらく何もしてなくて放置だったかた別にいいかなあという感じがします。

お小遣いサイトってギャルの間ですっごく流行っいるけど、ママさんにもいいんですよね。なかなか育児をしているとまとまった時間がとれないママさんが片手間にチョコチョコやるにはとても適していると思います。是非まだやったことがない方は始めてみてくださいね。

昨日、息子と喧嘩をしました。それとは別に最近息子はよくお手伝いをしてくれます。小さなことですが食器を運んだり、卵をかきまぜたり…。この間旦那が息子に「リモコンとって」といってとってもらってから「こういうとき子供って便利だよね」などと言っていました。小間使いみたいに子供を使うな!と思ったのですが私にもちょっとこころあたりがあったので黙っていました。よくドアや引きだしをしめわすれると子供にやってもらっています。それで、昨日は歯を磨こう!と言っているのに子供が嫌がるので叱りました。

そうすると子供が「もう!知らん!!そんなこというならもうお手伝いしてあげないからね!!」と逆襲してきました(笑)これにはちょっと笑ってしまいました。まだ3歳なのに言うようになったなあって思って。子供ってすごいですね。あんなちっちゃいのにこんな大人みたいなこと、いえるようになって…とへんなところで感心してしまいました。

この本、解決策も分かりやすく、具体的でとてもいいんですけど「あなたはADHDです!」みたいな書き方がいやでした。「私、普通じゃないのかなあ?普通の人なら難なくできることが人の何倍も努力と注意がいるってちょっと不公平というか損じゃない?」という気持ちになってしまうからです。あなたはちょっと普通の人より生きていくのに大変な思いをすると思うけど、対策はあるから大丈夫!!注意していればできるから大丈夫!!というのがなんだか嫌ですね。

と思ってさっき表紙をみたら上のほうに「ADHDタイプの」って始めから書いてありました。それに気付かすに読んで文句言っても仕方がないですね。

ちなみにこの「ADHDタイプ」っていうチェックリストを見てみると、ほとんど当てはまらないけど、数年前のわたしならあてはまるなって思いました。そしてそこに書いてある解決策をみて驚きました。それは数年がかりで自分がいろいろ工夫してきたことそのまんまだったのです。人間、うまくいかないことがあったら自分で解決策を模索し、努力する力があるんだな、人間ってすごいなって思いました。!!生まれ持った性格や脳の作りに多少ハンデがあってもそんなの関係なく人はどこまでも成長できるんだ!って思ったらテンションが上がり、別の意味でとてもよかったです。