置き換えダイエットって今までいろいろ調べてきましたが…

どれも高い!
無料サンプルを取り寄せるまではいいけど
何セットも進められて数万円かかることもあります。

どうして単品で買えないのかなあって悩んでいたら、あの「トマ美ちゃん」の会社から
酵素をつかった置き換えダイエットサプリが出てるみたいです!

「置き楽美人」というもの。

そもそも置き換えダイエットやってみてもついつい食べてしまいますよね。
その食べてしまう理由ってやっぱり満腹感が大事。

満腹感の中には「甘いものたべたぞ感」も含まれるとわたしは思うんです。
プロテイン系の置き換えダイエットって確かに満腹感はあります。
でもそれと「甘いものたべた~い」という欲求は別だと思いませんか?

不思議なことに、甘いもの食べないと脳が枯渇する感触ってありますよね。
なんか頭がクラクラして眠くなったりとか経験ありませんか?
でもそんなときにチョコレートをひとかけら食べるだけで頭がスッキリしますよね。
やっぱり脳に糖分って大事なんですよ。

で、この「置き楽美人」は黒糖の甘さがするんです!
黒糖そのものがミネラルたっぷりで体にもいいというのはご存知の方も多いと思います。
あと脳に必要なブドウ糖も入ってますから置き換えダイエットにありがちな頭クラクラ感がないんです。

しかも成分として酵素がたっぷり含まれてますからデトックスされてる感覚でダイエットにぴったりですよね。あとお肌に大事なコラーゲンも含まれてますからこれは頼もしいダイエットの味方!

これが1箱から注文できるというんだから今までプロテイン系のセット売りよりもずっとお手軽に買えると思います。
もちろん複数注文すると送料無料サービスやおまけをつけてくれたりもします。
まずは1箱から挑戦してみようかな…

主婦に人気の副業、メールレディをご存知ですか?

ここだけの話ですが…

みなさん、男性とのメールって楽しいですか?

わたしは楽しくありません。
女性どうしのメールなら楽しいんですけど…

男性のメールの文章って

即物的で
ロマンのかけらもなく
用件しか書いてないし
そもそも内容がつまらない。

そして文章がこなれていない!

オフ会なんかに参加したあと
「あ、この人いい感じ~♪」と思ってメールアドレスを交換して
メールしてみるとその国語力のなさにがっかりすることは一度や二度ではありません。

たとえば…
「おはよう 今何してる」
こんなメール。だから何?って感じ。

「おはよう。今何してる?」と「?」打つのめんどくさいんですか、それとも「?」を打つことを知らないんですか。

あと
「~せざるおえない」とか
「いちょう」とか
明らかに新聞なんか読んでないと思しき、もしかしたらマンガすらも読んだことがないかもしれない文盲もどき(ひどい言い方…)もいますよね。

こんな男性ばっかりだとうんざりするんですが、それを我慢してメールして
しかもおこづかいになる!

それがメールレディです。
メールレディって男性のメールの相手をしてそのやりとりで報酬をもらうシステム!

よ~く考えてみたら…
男性がメールサイトに登録する理由ってさびしいからだと思うんですよね。
それはもしかしたら…
メールの文章が文学的ではないから普通は相手にされないからじゃないかな?
たとえつまらない文章でもこちらから見るとそれがお金になるから丁寧にやさしいメールを書いてあげることもできますよね。

男性はそんなメールに癒され、女性はそれで稼がせていただく、一挙両得、それがメールレディ!

メールが好きな女性ならやってみて損はないと思いますよ♪

今日の「スタジオパークからこんにちは」は高梨臨ちゃんが出てましたね!
そうです、NHKの連続テレビ小説「花子とアン」で醍醐亜矢子を好演してますよね♪
スタパでお話してるのを見てると臨ちゃんはとても思慮深くて、気配りできる素敵な女優さんだなあと思いました。

その臨ちゃんが演じる醍醐さんですが、醍醐さんといえば「おリボン」!大正モガのファッションにいろいろな種類のおリボンがよく似合ってましたよね。

そういえば「おリボン」で思い出したのですが「まっててね」という童謡をご存知ですか?
小さいとき、母が買ってくれた童謡のレコードに収録されていたのを思い出したんです。それの歌詞に

「まっててね まっててね おりぼんつけてくるからね」とありまして、やっぱり「リボン」というのはいつの世も女の子にとっての必須アイテムなんだなあと思います。

この「まっててね」がいつ作られたのか興味がわいてきたので調べてみようと思ったんですが、ネットではちょっとわからない…残念…

でも意外なことを知りました。

この曲の作詞は武鹿悦子さんという方で、なんだか最近もお名前を拝見したような気がすると思って調べてみたんです。すると、1928年生まれということがわかり、児童文学者でもあり翻訳家でもあるのです。だから、子供のころに読んでいた昔話や絵本も武鹿さんの作品であることがわかりました。あとアニメの主題歌も作詞もされていて、わたしが好きな「ミームいろいろ夢の旅」というアニメのオープニング曲「ポケット宇宙」という曲の作詞をされていることもわかりました!びっくりです。

「まっててね」ってずいぶん昔の曲かな?と思っていたんですが武鹿さんご本人がご存命で活躍中ですし、1928年ということは昭和3年?武鹿さんが二十歳で作品を発表されたとしても昭和20年代にできたのかな?
なんたがとても興味がわいてきました。機会あればまた調べたいと思います。

それにしても女の子の「おリボン」文化は世の中が変わってもかわないんだなあと思いました。
わたしも作ってみようかな。

mixiやfacebookなどのSNSを利用されてる方も多いと思いますが、マイミクや友達申請とかどうしてますか?

わたしは、mixiだったら「○○さんのところでお名前をお見かけしました(○○コミュでお名前見かけました)。××という共通点があると思い友達申請させていただきました。よろしかったら承認お願いします」、facebookで知り合いを見つけたら「○○です(自分のこと)。FBにいらしたんですね。よろしかったら友達お願いします」と一言メッセージで送ります。
それがスジだと思うんですよ。

先日もFBで知らない人からいきなり友達申請がきたので「友達申請ありがとうございます、よろしかったらどういったつながりか教えてくださいませんか?」とへりくだったメッセージ送ったのにシカトというかなしのつぶて。返事もなければわたしのタイムラインに反応もない。一体何なのこの人。

ちょっと調べてみたら同じ高校の出身ということがわかったんですが、それならそうと一言くらいくれてもいいんじゃないかしら?単に友達増やしのために手当たりしだい申請しまくったんじゃないかと思われてもしかたないですよね?

この間はmixiでとりあえずマイミクになってる男性が
「facebookやってないの?教えて~」

と言ってきたことがありました。
わたしは基本的にマイミクはfacebookでもつながる必要はないと思ってるのでその旨伝えたら
「mixiはほとんどログインしてないからFBのほうが連絡とりやすいからね」ですって。
ざけんじゃねえよ、わたしとmixiで絡んでないやつとどうして連絡とらないといけないんだ、そもそもこの人とは同じご町内に住んでいて、同じ小中高校だったんですが、子供の頃のわたしをほとんど覚えてないんですよ。わたしは2級先輩だから知ってましたし、子供会も一緒だった、つまりご近所だったのに…そんな人とは連絡とりたくないけどまあカドがたつのもなんなので仕方なく承認しましたけど…
でもこの人、FBでもほとんど絡んできませんよ。最初の一日だけでした。

ホントこういう興味もないのに申請してくるのだけはやめてほしいわもう。。

育児って大変ですよね。
24時間、年中無休。
いつなんどき突発的な事故があるかわからない。

たった一人でがんばってるのに
なにかあったら「母親は何してるんだ」といわれる。
不思議なことに「父親は何してるんだ」なんて声は聴かないんですよね。

わたしこんな経験があります。

まだ長男が生まれたばかりのころですが
いつも帰りが遅い旦那がその日は早く帰ってきた。
で、リビングでごろごろしながらテレビみてる。

ただでさえ家事と育児でてんてこまいなのに
この日は夕方から夜の一番バタバタするときに
大きな赤ん坊まで増えました。
本当にイライラした。

この日プッツンきたのは
わたしが台所で洗い物とかしてるときに
赤ちゃんが泣き出した。
普段なら自分の用事がかたづくまでちょっとほっといてるんですけど(ぉぃ)
旦那が「おーーい。泣いてるぞーー」とノンキに言ったんです。

はあ?
あなたの子供でしょ?
わたし忙しいんですけど?
あなたゴロゴロしてテレビ見てるじゃない?
あなたがなんとかしてよあなた父親でしょ??

とのど元まで出掛かりましたがぐっとこらえて
赤ちゃんをあやしにもどりました。
赤ちゃんのベッドのある部屋はリビングのとなりなんです。

ところが今回に限ってなかなか泣き止まない。
いつもいないパパがいるから?なんて…w
今はすぎたことだから「w」なんて気楽につけてますが
当時は本当にイライラが頂点でした。

赤ちゃんは泣き叫ぶ、旦那は何もしてくれない…
ついにわたしは切れました。
「なんで泣いてるのよ!パパの邪魔でしょ!うるさいうるさい!」
そういいながら赤ちゃんをたたいていたんです。

それにはさすがの旦那もびっくり。
ボーッとテレビ見るのをゆめて赤ちゃんたたくわたしを止めました。

かなり疲れてたんですねわたし。
育児に疲れたら…っていうかイライラするのは理解者がいないときじゃないかな。

旦那一人でもいいからささいなことでもいいから協力してくれたら心の負担は軽くなると思うんです。

実際昼間赤ちゃんと二人でいるときはそんなにイライラしてませんでしたよ。
旦那がいるとむかつくことが多いんです。

でもそんなことに気づく男性って少ないんですよね…

いつだったかテレビ見てて
「あまり使わない調味料の活用法」みたいなのやってました。

よく考えてみたら
チリソースとか豆板醤とか毎日使わないですよね。
たまに家で珍しいもの作ってみようかな、なんて思ってその調味料を買っちゃうのはいいけど、結局残ってしまう…

そこでわたしは思いました。
「残るような調味料ならそんなの使った料理は家で食べる必要なくない?専門の料理屋さんにいったほうがよくない?」と…
素人がレシピ片手にオタオタしながら作るよりもちゃんとした中華料理店とかイタリア料理店とかに行きましょうよ。
そのほうがありがたみが増すというものですよ。

家でなかなか作る機会のないお料理の1つにローストピーフがありますよね。
時間がかかるわりにペロッと食べられるとなんだかむなしさも覚えます…
こういうのこそ外食ですよ!

などといってみても一家そろって外食する機会も最近はなかなかありませんよね。
そんなときにぜひ利用してみたいのが
ローストビーフのお取り寄せです!

お肉屋さんの作るローストビーフなのでお品は確実です。
外食するにはみんながそろって車出して、、ってことになるけど通販のおとりよせだったら家でみんながそろうときまでキープできるから、特別な日のお祝いなどにもぴったりですよね!

このお勧めサイトにはギフトなどの例が載ってますが
ギフトもいいかもですね。
うちは主人の取引先から京都の一流漬物店のお漬物セットが毎年お中元が届きますが高級な食べものってそれだけでもなんだかセレブな気分になっちゃいます!
ローフトピーフも普段家では作らないものだし、ギフトでいただくと嬉しくなりますよね。

いまだと3セット1980円で送料無料ですからこの機会にぜひ自宅用とギフト用におためしでいかがでしょうか?

昨日は誕生日でした。

えっ、何歳かって?
それは秘密です…

おかげさまでたくさんのプレゼントをいただきました♪

そこで思ったのですが…

プレゼントってもらう側こそ贈ってくれた方に感謝の気持ちをしっかり伝えるべきですよね。

「わぁ~!ありがとう!こんなの欲しかったの!うれしい、大事にするね!」みたいな…

贈るほうは
「これ、あの人に似合うだろうな」とか
「これ、前から欲しがってたよね」とか
「これ、喜んでくれるかな」などと思いながらプレゼントの品物を選ぶんですよね。
自分もそうです。

だからそれを渡したときに喜ぶ顔が見たいんですよね。

私の母は天邪鬼かツンデレなのかは知りませんが
母の日や誕生日にプレゼント贈っても
まず言葉にでるのは
「あらこんなもの…」でした。

洋服を贈れば
「こんなのわたしには派手だわよ」
アクセサリーを贈れば
「こんなのつけていくところもないわ」
有田焼の入れ歯ケースを贈れば
「何これ骨壷?」

…こんな感じで、まず喜んでくれたことはありません。
母なりに嬉しさの照れ隠しだったのかもしれませんけど、こんな態度では贈ったほうはがっかりしませんか?

だからといって何もしないでいると…というかその母の日や誕生日の日午前中に何もしないでいると
「今日はつまらない日になりそうね!」とかまってオーラが飛び散るんです。
本当に天邪鬼です。
こんなことでは贈るほうはホント苦労します。

そんな母が反面教師なのかもしれませんけど
わたしはどんなものでも…本当に嬉しくいただきます。
相手がわたしのためを思って選んで買ってきてくれたものです。本当にありがたいです。
そしてそれを言葉や態度にあらわすことが大事ですよね。

逆の立場、つまり自分がプレゼントした相手がそんなに喜んでくれたら自分も嬉しいじゃないですか?

だからもらうほうも贈ってくれた人のために喜びを隠さないこと、これは大事だよなあ…と思いました。

この間「家事ハラ」って言葉を知りました。
共働きする夫が妻から出されるダメだしのことらしいですね。

「やりかたがなってない」とか
「雑」とか…

これ、わたし小さいときから母親に言われてました。

うちの両親も共働きでわたしは小学校3年生くらいのころから家の手伝いをしてました。
うちの母は家事を教えるときはすごく優しかったんです。
「こうやってね、こうして、こうして…」と手取り足取り教えてくれて
「そうそう、そうよ、上手ねえ~」とおだてられたらやる気になりますよね。

ところがいざお手伝いするときになったらもうなんというか。
「お皿洗ったら台所の床もちゃんと拭きなさい、まだ汚れ残ってるでしょ!」とか
「洗濯物干すときはちゃんとしわのばしなさいって言ったでしょ!」とか
「学校行くときにゴミだしてきてって行ったでしょ!もう!」とか…

わたしは性格がおっちょこちょいでいい加減なタイプなので完璧主義の母からみたらイライラしてたのかもしれません。
ゴミだしなんかも言われたときは「はーい」って言うんですが「いってきまーす」と言ったときはもうわすれてるんです。。。

母はそんな小言の二言目には「そんないい加減にするんだったらもうしないでいいよ」とか言ってました。

よく考えたら「あ、もうしないでいいんだ。ラッキー♪」と文字通り受け取ってもいいんでしょうが、なぜかわたしは
「ごめんなさい、今度からちゃんとするから…」と謝ってたんですね。

これを見ていた妹はまさに「馬鹿みたい。お母さんがしないでいいっていってるんだからしなくてもいいのに」と言うんですけどね。
そう、なぜか妹は何もしないんです。
父が妹だけ可愛がってたというのもあるでしょうが。

あーあ、長女はつらいわ…

そんなこともあってわたしは自分の子どもにはお手伝いするようには言いません。
どうしても手伝ってほしいときはお駄賃あげて頼みます。
お手伝いって「させられるもの」ではなく「してあげたくなるもの」なんじゃないでしょうか。

「お母さんが大変だから手伝ってあげよう」
っていう気持ちになったときに手伝ってくれたらいいんです。

そしてこの妻が夫に対する家事ハラ。
これも同じだよね。
夫が「ママ大変だな、手伝ってあげよう」って気になるような演技?でもしてみたら?
ガミガミいうだけが能じゃないと思いますよ。

昔、「個人輸入」っていうのが流行ってたんですよ。

海外コスメとかフードとかアパレルとか、日本では手に入らないものを個人で購入するの。
当時は専用の雑誌とか個人輸入代行してくれる業者まであって一時期ブームでしたね。

それがなんと
最近また流行ってるっていうじゃないですか??
ラブコンっていうカラーコンタクトレンズ(以下カラコン)なんですけど、なんと、このサイトからだと送料無料!ただし普通郵便に限り、ですけど、これはとっても興味あります!

海外ものだからとってもバリエーションが豊富で日本国内ではなかなかお目にかかれないものがたくさんありますね。

「目は口ほどにものを言い」ってことわざがあるとおり、目の印象って大事ですよね。
カラコンを換えただけでイメージが変わるから、お洋服を着替えるみたいにカラコンを変えてもいいですよね。
それにお値段も安いから何種類も持っててもいいかも!

ラブコンは携帯やスマホで注文できるので、たとえばお洋服を買ったときに普通靴とかバッグやアクセサリーなどもそろえたくなっちゃいますよね。
そんなときに同じような感覚で「この服にあったカラコンほしいな…」って思ったらスマホや携帯ですぐにアクセスできて、自分のイメージしてるものが買えちゃう♪
これって便利だと思いません??
いまやカラコンもアクセサリー感覚。
トータルでコーディネートできる時代ですよね。

これ、ちょっと年上の先輩に話ししたら
「えー、こんなのあたしたちがアンタたちくらいの年頃のときにはなかったよ。いいね~!」ってうらやましがってました。ていうかこの先輩も早速スマホの「お気に入り」に入れたみたいです♪
この先輩とってもおしゃれだからいろいろと相談もしてみようかな♪

わたしの友人なんですがご主人が自営業なんです。
普通はご夫婦で二人三脚で経営しますよね。

でもこのご主人は奥さんに一切手も口も出させない。
お店に来るのも嫌がるんだそうです。

「サラリーマンの妻が旦那の会社にいちいち様子見に来るか?それと同じだ」
らしいんです。

家計もご主人が全部把握してて、彼女はレシートがないところでは買い物してはいけないと言われてるんだそうです。

わたしから見たら専業主婦でうらやましいけど…

そんな彼女ですが、実は本人も知らなかったんですが
役員になってたそうです。取締役専務だそうです。

「じゃ、役員報酬もらったら?」ってそそのかしたんですが
「そんな、何も手助けしてないからいいよ」と謙虚なものでした。

それで思い出したことがあります。
昔アルバイトしていた喫茶店の常連さんで、その商店街のかばん屋さんの若旦那。
当時は独身でしたが、普段は「社員」になってました。
ところがボーナス時期だけ「専務」になるんです。

なぜかというと…
普通のときは社員として給料を払う。
でも役員には賞与は出ないんですってね。知りませんでした。
だから、ボーナス査定~支払い時期は役員にしてボーナス出さない。
年度末は役員じゃないから役員報酬ださない。

すごいですよね。当時の商店街ってみんなこんなことしてたのかしら。

この喫茶店には2年ぐらいアルバイトしていましたが
「また役員になる時期がやってきたwww」といいながらお店に来てくれてたことをよ~く覚えてます。

だから、逆に思うんだけど本当に役員報酬を気持ちだけでもあげたらいいのにさ。。
余計なお金は自分の奥さんに持たせたくないって思うんだろうか。
ま。。旦那さんの知り合いではないので口出せませんけど…